WordPressのパーマリンク設定でカテゴリー分けをすぐにしよう

WordPress

WordPressを始めたばかりの方に強くオススメしたいこよがあります。それは…

1日も早く、「記事をカテゴリー分けする」ということです。

スポンサーリンク

カテゴリー分けはなぜ大事?

ここでいうカテゴリー分けとは一言でいうと、配信した記事を、関連するグループに分類する、ということになります。膨大に溜まる情報を整理するというほかに、カテゴリー分けを初期の段階からやっておくべき理由かあります。

webページごとに設定される個別のURL、ブログでいえば投稿した個々の記事のアドレスのことを「パーマリンク」といいます。本記事のURLならば、http: //freelance-ok.com /wordpress/permalink-hurry/ の/wordpress/permalink-hurry/がパーマリンクです。

理想的なパーマリンクは、上記URLのような、ドメイン/カテゴリー名/投稿名(英数字)、になります。

パーマリンクを取り入れたシンプルなアドレスは、googleにも評価されやすくなっています。googleのガイドラインは「シンプルなURL 構造を維持する」と謳っていて、パーマリンクも理想的な構造や作り方などを記載しています。

なお、日本語のURLは、長すぎるアドレスになり検索エンジンのクローラーが上手くサイトを認識できず、検索順位に悪影響を及ぼすばかりか、WordPressのバージョンによっては「404エラー」になったりと、デメリットが多いです。

今すぐパーマリンク設定を!

パーマリンクを設定するためには、カテゴリーを登録する必要があります。できるだけ早く作っておくことを推奨します。

なぜなら、ブログ開設から時間がたてばたつほど、既存の記事のアドレスをカテゴリー名のついた理想的なパーマリンクに変更しずらくなるからです。

一度公開した記事のURLを、一度変更してしまうと、しの記事がせっかく検索結果に反映されても、リンク切れを起こしてしまうからです。もちろん、変更後のURLが浮上することもありますが、断言はできません。

さらに、いち早くパーマリンク設定をしておくことで、アクセス解析がとてもスムーズになります。

例えば、WordPressに関する記事をたくさん書いていて、それらのみアクセス解析したいtpします。その時に「WordPress」というカテゴリーを作っていれば、WordPressの記事は、/wordpress/というカテゴリー名のパーマリンクがついていますから、そのカテゴリーに絞ったアクセス解析ができる、というわけです。

カテゴリーを新規追加しよう

では、パーマリンクを設定してカテゴリーをどんどん追加していきましょう。その手順を簡単にご説明します。

パーマリンクの設定方法

まずはパーマリンクの設定からしていきましょう。

  1. 設定→パーマリンク設定 をクリック
  2. カスタム構造にチェックを入れ、/%category%/%postname%/ と入力(利用可能なタグから選べます)。
  3. 変更を保存をクリック。

これでOKです。

新規カテゴリーを追加

つづいて、カテゴリーの追加方法について。

  1. 投稿→カテゴリーをクリック。
  2. 名前に新しいカテゴリーを日本語で入力。
  3. スラッグ(実際にパーマリンクに載るカテゴリー名)を英数字で入力。
  4. 新規カテゴリーを追加をクリック。

以上で、カテゴリーが新規に登録され、パーマリンクに英数字のカテゴリー名が表示されるようになります。

投稿名を変更してパーマリンク完成

最後に、投稿記事名を英数字に変更します。

「投稿を編集」のタイトルボックスの下に投稿名(記事タイトル)と同じ文言がそのまま表記されています。編集をクリックして、投稿名に適した英数字に変更してください。

以上で、パーマリンクが完成です。

これでブログが本格スタート!

これで個々の記事のURLがシンプルになりました。メリットが多い理想的なパーマリンクにすぐに変更して、カテゴリーを追加して、読みやすく、かつ上位表示にもつながる記事URLを、日々重ねていってください。

 

All in One SEO をブログ開設4日目で早くもWordPressに導入した理由!
このブログはフリーランスに憧れる人、目指している人、なったばかりの人のためのお役立ち情報をお伝えするために立ち上げました。 とはいえ、4月6日にスタートしたので、これを執筆している時点でまだ1週間も経っていません。まだまだ制作途中のブ...

http://freelance-ok.com/wordpress/wordpressの最新版がむずかしい!/

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました