httpからhttpsに変更する方法【WordrPress編】

WordPress

ウェブサイトには「https」と、「s」がついたものがあります。それは、セキュリティ上とても有効なシステムです。

今回は、httpのWordPressサイトをhttpsに変更する方法をお伝えします。

 

スポンサーリンク

httpとhttpsの違いとは?

 

 

httpは「Hyper Text Transfer Protocol」の略、httpsは「Hypertext Transfer Protocol Secure」の略です。Secureという字がついている通り、安全に通信するための仕組みです。はホームページを見るときにどんな通信手段を用いるのかというルールです。URLの始まりが「https://」で始まるサイトは、通信データ内容が暗号化され、「http://」だと暗号化しないまま通信していることになります。

 

Google Chromeに警告が表示される

 

 

2018年7月にリリースされたGoogle Chrome 68より、SSL(Secure Sockets Layer)というシステムで暗号化されていないサイト、すなわちhttpで始まるサイトへアクセスすると、アドレスバーに「(SSLによる暗号化で)保護されていません」との文字列が表示されるようになっています。

すでにGoogleでは2014年に、SSLによる暗号化が実施されたサイトを検索結果に優遇することを発表済みです。さらに同じドメインのサイトの中で、SSL暗号化が実施されたhttpsのページが、暗号化が行なわれていないhttpのページよりも先にインデックス化され検索結果に表示されるようになるとしていて、SEO的にも明確な差が表れます。

 

サーバーでSSLを設定する

 

 

https化するためには、まず、WordPressサイトをアップロードしているサーバーにて、独自SSL証明書を発行する必要があります。これは、サーバー各社によって設定が違いますので、主要サーバーのガイダンスに従って設定を行ってください。

各社サーバーでの設定が済みますと、WordPress上で設定変更する手続きに入ります。

WordPressでhttpsに設定変更する

 

 

これは、すごく簡単です。

WordPress管理画面の左サイドバーの「設定」をクリック。

「一般設定」のページがでてきますので、「WordPress アドレス (URL)」と「サイトアドレス (URL)」のボックス内のURLを「http」から「https」に変更して、「変更を保存」をクリックするだけです。

 

 

まとめ

 

 

意外と簡単にできますので、WordPressでサイト、ブログを立ち上げたら、早めに設定しておくことをおすすめします。

安全に情報を発信して、万全に管理する努力は常に必要です!

 

 

WordPress 5.1.1でサイドバーの固定ページリンクを表示させる方法
WordPress 5.1.1の初期段階では、固定ページのリンクがサイドバーにありません。 これでは、いくらプロフィールとは事業概要などのページを作っても、誰もそれにアクセスすることはできませんね。 今回は、サイトのサイトバ...
WordPressで目次作成!Easy Table of Contentsを導入
WordPressで作った記事に目次を入れてみたいと思いませんか? 「Easy Table of Contents」というプラグインをインストールして、目次を入れることが可能です。 今回は、昨日配信した記事に目次を入れてみたいと...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました