WordPressにお問い合わせページを導入!

WordPress

ブログを運営していると、読者の方から質問等を受け付けることがあります。そんなときに役に立つのが、「お問い合わせフォーム」です。

読者側からしてみたら、メールソフトを立ち上げる必要がなく、手間暇かけずメッセージを送ることができるのでとても便利。使い勝手がいいお問い合わせフォームを利用してくれる人が増えれば、運営者側としても願ったりかなったりですね。

今回は、WordPressで運営しているブログサイトに、お問い合わせフォームを簡単に設置できる方法をお伝えします。

スポンサーリンク

「Contact Form 7」をインストール

お問い合わせフォームを、WordPressに新設する方法はいくつかありますが、断然簡単で誰でもできるのが、「Contact Form 7」というプラグインを活用するやり方です。

早速設置してみましょう!まずは、プラグインから、新規追加へと飛びます。

「Contact Form 7」で検索をかけると、富士山のかわいい絵柄のプラグインが登場しますので、今すぐインストールをクリックします。

インストール出来たら、有効化をクリックすれば、WordPress内に導入完了となります。

フォームの項目を設定する

最適化が済んだら、ダッシュボードの左サイトに、「お問い合わせ」というリンクが新設されています。

コンタクトフォームをクリックすると、「コンタクトフォーム1」という項目が初期設定されています。その下の「編集」をクリック。

すると、「コンタクトフォームの編集」の画面が表示され、選択した「コンタクトフォーム1」の内容をカスタマイズできます。

最初に出てくる「フォーム」では、この初期設定のままでほぼ問題ありませんので、最初は特にいじる必要はないでしょう。それでよければ「保存」をクリックします。

メールの項目を設定する

メールに関する設定もできます。

まず、お問い合わせを受信するアドレスを変更したい場合は、「送信先」のボックスで変更を行ってください。

「送信元」とは、お問い合わせがあなたの設定したメールアドレスに贈られ的tら時に、送信者として表示される名前のこと。「題名」は、送られてきたお問合せメールのタイトルです。両者とも、初期設定は、サイト名になっていますが、これも任意でいつでも設定変更できます。

お問い合わせページを作成

WordPressの「固定ページ」の機能を使って、お問い合わせフォーム専用のページを作ってみましょう。

まず、コンタクトフォームのショートコードをコピーしています。

さきほどのコンタクトフォームのページ、もしくは「コンタクトフォーム1」編集画面上の、「ショートコード」を右クリックしてコピーしておいてください。

ダッシュボードの「固定ページ」から「新規追加」をクリック。

タイトルを任意に変更(ここでは「お問い合わせフォーム」)して、コピーしたショートコードを本文のボックス内に貼り付けます(ビジュアル画面で大丈夫です)。

それを「公開」すると、お問い合わせページができあがります。

まとめ

以上、お問い合わせページの簡単な作り方をご紹介しました。

サイトを初めて訪れた人からしてみると、お問い合わせフォームがあるのとないのとでは安心感が変わってきます。

お問い合わせがないと、読者とサイト運営者の1対1のコミュニケーションの機会がありません。誰の馬の骨かわからない人の情報は、たとえ正確であっても、信頼性の担保には不十分です。お問い合わせができるということは、「わからないところ、疑問点などがありましたら、いつでも聞いてください」という意志表示にもなりますので、それだけでも信頼感が出てきます。

情報発信者は、読者へのきめ細やかな心配りは不可欠。読者に安心感を与える意味でも、ぜひお問い合わせフォームを導入してくださいね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました