時代の変化を認めたくない!

考察
スポンサーリンク

最近、世の中の移り変わりがとても速いと感じませんか?

現代社会は、テクノロジーがめざましい速さで進歩しています。

新しいものが次から次へと生まれ、流通していって、

流行の移り変わりが激しい日々を、私たちは生きています。

時代の変化がめまぐるしい今の世の中では、同じやり方がいつまでも通用することがない、ということが前提になってきています。

そうすると、いままでうまくいっていたやり方が、うまくいかなくなるときがやってきます。

これまでに固執してきて、成果も上げてきたノウハウやシステムは、

慣れていればいるほど、手放すことが難しくなるわけです。

時代が変化する、ということは、世の中はますます進化して、ますます便利になるということです。

私たちの身の回りを見ても、昔に比べると、より便利になり、より快適に過ごせていることに気づけます。

ところが、その一方で、自分に利害が及ぶ分野では、変わってほしくない、という矛盾を抱えているのが、

私たち人間、というわけです。

時代が変わることで恩恵を受けているにも関わらず、身近な問題については、変化を避けたがる、というわけです。

しかし、変化は万物に共通するものであり、一切のえこひいきはありません。

始まりには必ず終わりがあり、また新たなものが始まります。

変わりたくないもの、変わってほしくないものも、自分の意思はおかまいなしに、自ずと変わっていくのです。

時代の変化を認めること、それだけで、大きな人間的成長になるのです。

時代の変化を認め、そして受け入れ、そして自分自身の考え方を変化させていく。

そのことを繰り返すのが、現代に生きる私たちの人生といえます。

変化を恐れない、という抵抗感を持つよりもむしろ、変化することが当たり前なんだ、という心の余裕を持って、

このスピーディーな時代を、しなやかに生きていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました