雷が好きな人と怖い人がいるという不思議な現実【価値観はこうも違う】

考察
スポンサーリンク
春の嵐が吹き荒れる季節というのは、
雷を伴う悪天候になることもあります。
雷が音を立てて鳴ったとき、あなたはどう思いますか?
雷は怖いもの、と捉えている人が、割合的には多くて、
顔や耳を塞いでしまうほどの強い恐怖を感じる方もいらっしゃいますが、
中には、雷が好きな人も存在しています。
そのような方は、稲妻のきれいさに魅力を感じたり、閃光にワクワク感を催したりします。
雷という、誰もが遭遇したことがある自然現象に対して、
怖がっている人もいれば、好きな人もまたいる、ということです。
雷が好きな人にとっては、雷が怖い人は、かわいそうな人であり、
雷が怖い人にとっては、雷が好きな人は、不思議で不思議で仕方がありません。
これは実に興味深いことです。
雷に対して、人によって、こうも正反対の見方をしているというわけです。
同じ景色を見ていても、全く違う世界の捉え方をしているのが私たち人間であって、
この地球上に生きる人間と同じ数、すなわち74億もの、異なる世界観というものが、
この世に存在するということなのです。
雷が好きな人もいれば、また、怖い人もいる、というように、
全く異なる世界観を抱く人々が繋がり、喜びや悲しみを分かち合う、
これ自体がいかに奇跡的であるかがわかります。
雷という身近な例から、価値観の多様性の中で、私たちは生きていると気づくことができるのです。
タイトルとURLをコピーしました