【必見】ワクワクを持続させる方法とは?【誰でも簡単に実践できます】

考察
スポンサーリンク

こんにちは、おかもとたかしです。

最近、「毎日楽しくないなあ」と思っている方、いらっしゃるかもしれません。

また、「ワクワクすることがあっても続かず、すぐにブルーになってしまう」という人もいるかもしれません。

いつもワクワクしていたい、毎日を楽しくハッピーに過ごしたい、という方へ、今日はお話していきたいと思います。

さっそく今日の答えですが、

 

ワクワクを持続するコツは、
シンプルに過ごすこと

となります。

具体的にお話していきましょう。

 

スポンサーリンク

ワクワクな状態とは?

まず最初に、「ワクワク」とはどういう状態なのかふれてみましょう。

辞書にはこのようにあります。

期待や喜びなどで、心が落ち着かず胸が騒ぐさま。どきどき。

出典:デジタル大辞泉

確かに、ワクワクするというと、何か欲しいものが手に入りそうなときに感じるイメージがあります。特に、「期待する」ということがワクワクの感情を生み出す原動力になります。

どんなことに期待するとワクワクするのか?例えば、

・夢が叶いそうでワクワクする
・好きな人とデートが決まりワクワクする
・彼氏・彼女ができそうでワクワクする

つまり、自分にとって何か好ましいことが得られそうなとき、ワクワクという感情が沸き起こるというわけです。

そうしますと、わくわくしない日々ということは、最近ほしいものを得られていない、ということに等しいのです。

ということは、ワクワクの対極にあるのは欲求不満ということになりますね。

欲求不満と言えば、「ほしいものが満たされない」というイメージが強いと思いますが、実はそれよりも、何か欲しいわけではないが、満たされない思いがすることの方が強固で、より深刻です。

この満たされない思いは、自分自身への劣等感がベースになっています。自分に自信が持てず、自分の存在価値を低く見ていることが「何となく満たされない思い」に結びついているのです。

それを克服するために「シンプルに過ごす」、という考え方を取り入れることがおすすめします。

 

シンプルに過ごすとは?

シンプルに過ごす、と言っても、何もせずにダラダラと過ごす、ということではありません。

一言で言えば、

 

全てを受け入れ、期待しない生活

ということになります。期待することによるストレスとは無縁で、重い荷物を抱えることなく、心を身軽にして1日1日を過ごすことを、「シンプル」と表現しました。

世の中のあらゆる出来事をそのまま受け入れて、人や社会に期待することなく淡々と生きる、ということです。

これができるようになると、自分に起きるすべての出来事が、「ありがたいこと」として受け入れられることができます。

 

自分の人生に関わる全てのことに
感謝して生きる

これこそがシンプルに過ごすことの神髄です。

期待する、ということは

 

「そうであってほしい」

「そうでないといけない」

「そうあるべきだ」

と、自分の主張がどんどんエスカレートしていき、とめどなくなります。

「そうあるべきだ」という思いはとても高いハードルで、これを満たすのはとても困難で、ワクワク感とは無縁の心理状態を抱えことになります。

逆に、「期待しない」という選択をすると、この先どうなろうとも、「感謝の気持ち」をもって生きて行くことになります

 

何があっても感謝できる。
これが「ワクワクを持続させる」
ということなのです。

 

生きる喜びを積み重ねることにワクワクしよう

樹木希林さんの「人生なりゆき」がベストセラーになっていますが、なりゆきまかせの人生とは、消極的に見えて実はすごく積極的です。

「何でもかかってきなさい!」ということですから。

これから起きるすべての出来事を喜びを持って迎え入れる。そして歓迎する。

こうなると、いつもワクワクできます。

それは、満たされない思いからくる期待感とは全く裏腹な、とてもポジティブなワクワク感です

たとえ期待しても、自分の思い通りに世の中はいかない。たまにうまくいったらもうけもん。思い通りにいかないことを楽しもう

うまくいけばいったで嬉しい。うまくいかなくても喜んで受け入れる。これぐらいの余裕を持てば、毎日を気楽に生きられるし、感謝の心がより育っていきます。

そして、

 

「思い通りにいかないことを」楽しむことが
究極のワクワク感です。

これによって、何があっても楽しいという、生きる喜びを積み重ねることができるのです。

 

まとめ

いかかでしたでしょうか?ワクワク感が続かない背景と、どうすればワクワク感を持続できるか、そしてワクワクの神髄について、今回はお話させていただきました。

期待しない生き方はつまらない、と思いがちですが、今日の記事を最後までお読みいただいたみなさんには、期待せずに過ごす生活もアリだと、認識していただければ幸いです。

もちろん何も期待してはいけない、というわけではありません。ただ、「余計な期待」が多いことに気づくことができれば、どうしてワクワクできてなかったかわかってくると思います。

今この瞬間から、ワクワクに包まれた人生が始まりますよ。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました