迷いがあるならこの一言!「迷ったらやる!」決断を後押しするコツ

考察
スポンサーリンク

これをやるべきか?やらないほうがいいのか?

何か新しいことがあるとして、挑戦したほうがいいのか、見送ったほうがいいのか迷う、というようなことは、人生においては何度も訪れる局面です。

迷う、というのはどういう状態かといいますと、

 

「うまくいくかもしれない」
という可能性を感じている

ということです。

今回は、迷ってしまっているときは。「迷ったらやる」という言葉を思い出して、迷っているのなら行動しよう、というお話をしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

迷いがあるのはなぜ?

うまくいく可能性がゼロだと、そもそも迷うことなく、最初から選択肢から外していることでしょう。また、100%うまくいくという確信があれば、何の迷いもなく突き進むでしょう。

「うまくいくかもしれない」という、不確実ながらも希望がにじんだ心理状態の時に、人は迷うというわけです

「うまくいくことはない」と断定できるものに対して、迷うということは決してありません

ひょっとしたらうまくいくかもしれないんじゃないか?
これをやればいいことがあるんじゃないか?

と、自分に問いかける声が聞こえるから、迷うのです。

その声に対して、今はやめたほうがいいんじゃないか、と、必死に止めようとするもうひとつの声は、現状を維持したいあなたの潜在意識から湧き上がる声です

そして、やめたほうがいい理由を次から次に見つけ出し、新しいことにチャレンジすることを諦めさせようとするわけです。

この、諦めさせる力はとても強大です。

なにせ、諦めれば、これまでどおり、安全で気楽な現状が維持されることが、保証されているからです。

そして、実際に、やらない選択をして、現状維持の自分に収まると、これまでと変わらない日常が続く中で、

「もしあのとき・・・やってみたらどうなっていただろう・・・」

という後悔の念が沸き起こります。

何も変わらない日常を送ってきたわけですから、あのとき「やる」ことを選んでいたら、違う日常があったかもしれない、と、もう戻らない日々のことを想像してしまうのです。

そもそも、やるかやらないかで迷いが生じた時も、現状を維持し続けたことに対する漠然とした不満が、浮き上がってきたからだったのです。

「本当はこのままではいやなんだ」
「この状態が続くのは退屈で、自分が望んだことではないんだ」

という不満です。

そして、現状維持に収まることにより、不満を一時的に先伸ばししても、また復活してきます。さらに何らかの新しい誘惑に触れた時に「迷ってしまう」。この局面を、何度も何度も繰り返してしまいます。

その都度、あのとき思い切ってやっとけばよかった!

と、後悔の念がゾンビのように、復活する、というわけなのです。

この不満にずっと付きまとわれるぐらいなら、今、決断して、やってみる、ということが、最善策である、ということです。

すなわち、「迷ったら、やる」、ということです。

どうせ、あとになってまた後悔し、迷ってしまう場面が訪れるくらいなら、

 

今、決断するのが、最善の道です。

ということです。

 

決断の連続が人生

いますぐ決断しても、それですべて終わりではなく、さらなる決断の時が待っています。

決断したからと言って、それから先が楽になることはありません。

 

人生はとことん決断の連続なのです。

そもそも、わたしたちは日々、何かを決めながら生活しています。朝ベッドから起き上がるのも決断ですし、歯を磨くのも朝食を取るのも決断です。

そんな日常の中、私たちが決断に戸惑い躊躇するのは、「快適ゾーンが乱されかねないこと」を決める時です。

 

決断の先送りが招くことは?

決断しないことについては、逆説的に以下のことが言えます。

「決断しない」ということも
ひとつの決断であり選択です。

なので、決断しないという道を選んだことも、エネルギーを要することではあります。

 

おわりに

時間はどんどん過ぎていきます。

そして時間とともに年を重ね、あなたの気力や体力は、衰えていきます。

気力体力が衰えるということは、あなたが夢を実現させる能力も、哀しいかな、落ちていくのです。

無駄に時間を浪費してしまったかもしれない・・・

と、後悔してしまうのが、今からでも予想できてしまうのなら、チャンスは、まさに「今」です。

いま、迷っているのであれば、ベストアンサーは、「やる」の一言なのです。

 

 

タイトルとURLをコピーしました