Cocoonを導入してみた!設定までの道のりを話します

SEO

本日、新たにCocoonというWordPressテーマを導入したので、サイトデザインが一新しました。

なんだかそれっぽいというか、メディアっぽい見た目になりました。何か調べ物をしようと検索したときによく出てくるサイトというか。それだけ、このテーマが多くの人に活用されているということなのでしょう。

本日は、導入してみての雑感を書き記しておこうと思います。

なぜこれを選んだのか?

理由は簡単で、何といってもSEO的に有効で、内部対策済みだということ。さらに、サイトの読み込み速度が速いからです。また、吹き出し・定型文・ランキング等の機能充実していて、中身の濃い内容を記事を書くことができます。

他にも、モバイルに十分に対応していたり、AMP対応だったり、本当に無料なのが申し訳ないくらい。

元々はSimplicityというテーマを作っていたわいひらさんが、後継テーマとして制作したのがCocoon。定期的にアップデートを繰り返しているところもありがたいです!

早速ダウンロード!

こちらの、Cocoonテーマのダウンロードからダウンロードできます。

これは、わいひらさん自身が管理運営するCocoon公式サイトなのですが、とても丁寧にわかりやすく説明してアリ、お人柄がにじみ出ています。

僕自身、何というか、機能性はもちろんですが、開発者の方への信頼性でこれを選ばせていただいた、という感じです。

親テーマと子テーマとは?

サイトを見てみると、「親テーマ」と「子テーマ」のふたつを一緒にダウンロードすることを推奨しています。

選択した既存のWordPressテーマである「親テーマ」とは、WordPress内で使用する既存のテーマのプログラムそのもので、その機能やスタイルを継承した上で編集していくためのカスタマイズ専用テーマが「子テーマ」です。

ではなぜわざわざカスタマイズするために子テーマを作る必要があるのか?既存のテーマ(親テーマ)に直接カスタマイズすればいいのでは?という疑問がわくと思います。

実は、既存のテーマをカスタマイズしていると、そのテーマに新しい機能やテーマの修正がある場合、WordPress公式テーマなどでは自動でアップデートが行われるので、アップデートの際にファイルがすべて上書きされてしまうのです。そうなると、苦労してカスタマイズしたものがすべて消えてしまう、ということになるわけです。

Cocoonでは、親切なことに親テーマと子テーマの両方が用意してあります。

Cocoonの公式サイトにダウンロードからWordPressに取り込んでインストールするまでが、ありがたいことにかなりわかりやすく書いてあります。実際僕も両方ともインストールして、子テーマの方を有効化しています。

WordPressにインストール

ここで書く必要もなく、こちらのCocoonテーマをインストールする方法で初心者にも詳しく解説してありますので、ぜひご覧になってください。

ブログ1ヶ月の初心者の部類ですが、難なくできました。

カスタマイズはこれから必要に応じてやっていきます。その都度このブログでお知らせします。

まとめ

世の中にはたくさんのテーマがあります。有料のものも無料のものもあります。僕が無料のCocoonを選んだのは、検索したところ多くの人がおススメしていたのもあるのですが、公式サイトの丁寧さとわかりやすさが決め手になりました。

結局最後は、作り手(または販売者)の人柄で購買が左右されると思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました