好きなことなのにやる気が出ない時の対処法【だれにでも訪れます】

心理学
スポンサーリンク

好きで始めた仕事なのに、なぜかやる気が出なくなり、途中で放り出してしまう…ということがありませんか?

恋愛にも倦怠期があるように、どんなに志が高くても、意気揚々と始めたことでも、時間が経てば情熱がしぼみ、やる気が失せてきます。これは誰でも同じです。

やる気はズバリ言って「ドーパミン」と深く関わります。ドーパミンは人間の脳の部位「側坐核(そくざかく)」から分泌される脳内物質で、この「ドーパミンが大量に分泌されている状態」がやる気のある状態になります

何かをやり始めたときには盛んに分泌されていたドーパミンが、徐々に薄れていくとともに、やる気も下がる。これは科学的に実証されています。

なので、大切なのは、

 

やる気が出なくなるのは
当たり前という前提に立つ

ということです。

決して、やる気が出ない自分はダメな人間だと自分を責めないことです

繰り返しますが、誰もが通る道です。あなただけではない!

今回は、好きなことをやっていてもやる気が出なくなった、すなわちドーパミンの分泌が不足してきた状態を招く3つの理由と、そんなときにどう対処していくべきかについてお話していきます。

 

スポンサーリンク

やる気が出なくなる理由3選

今回は「好きなこと」なのにやる気が出ないという話です。「好きではないこと」にはそもそも心の底からのやる気が起こることはありませんので、注意してくださいね。

それでは、「好きなこと」なのにやる気が出ない理由を述べていきましょう。

成果が上がらないことへの焦り

最大の理由はこれです。もし最初から思った通りに、もしくは想像以上のペースで成果が上がっていれば、それが嬉しくて楽しくて仕方ないので、ドーパミンは持続します。そかし、そうなかなかうまくはいきませんよね。

このブログだって、開設137日目にしてようやく1日のPV(ページビュー数)が100を超えたのです。アクセス数は日々右肩上がりで伸びるわけでなく、山あり谷ありを繰り返しますから、一進一退の状態が続くとさすがに焦りの色は出ます。

これに限らず、どんな分野に挑戦しても、一進一退の時期が長引けば長引くほど焦りは増幅するのは当然です

早く成果を上げたいという心理は、早く楽になりたいという心理につながります。成果が上がらなければ楽になれる時がどんどん遠ざかり、焦ってしまいますよね。こうなるとやる気は失われる一方になるわけです。

マンネリし過ぎ

毎日毎日全く同じ仕事の内容なのも考えものです。

毎日のルーティーンを大切にする人もいますが、気がづけば「ルーティーンが増えている」ということはありませんか?増えすぎたルーティーンは最小化しましょう。

ルーティーンをこなすことに時間と労力が費やされると、やる気は下がります。仕事の内容も変わり映えのないまま長期間続いていると、「飽きている」という気持ちに蓋をして無理して継続している状態なので、やる気は削がれていきます。

作業量を増やし過ぎ

そしてやる気に満ちていたときに作業量を増やしてしまうと、いざ気分が落ち着いてきたときに、負担としてのしかかります。

作業内容を見直し、必要な量だけに調節する勇気も必要です。

 

やる気を取り戻すための対処法5選

失いかけたやる気を再び沸き起こすには、今までにないアプローチが必要です。いくつかご紹介しましょう。

褒めてもらう

実はこれが最も重要でかつ効果的な対処法です。誰かかから「自分の努力を認めてもらう」ことが最大のやる気チャージ法です。

私たちすべての人間は大なり小なり承認欲求を必ず持っています。自分のことを認めてもらいたい、頑張っていることを知ってほしいという願望は誰にでもあります。

場所を移してみる

これも有効です。仕事や作業をする場所を変えてみるだけで、かなりの気分転換になります。周りの環境が変わると、気分はリフレッシュされます。

できれば、今までの作業場よりも静かでゆったりとしたスペースがいいです。

新たな試みを導入する

今までやったことのないことを仕事に取り入れるのも一興です。新たな挑戦は、気分をリセットして、モチベーションを再構築させることができます。

新たなことに挑み、それを慣らして習慣化していくことで、やる気を湧き立たせることができます。

超簡単な目標を設定する

やる気を失っているときは、目標を見失っている状態でもあります。もしくは目標が高すぎて気持ちが萎えている状態。

ここは目標を軌道修正し、達成が簡単なできそうなレベルに目標を下げてみて、少しのやる気で達成するという実績を作り、徐々に目標レベルを上げていきましょう。

思い切って休む

何をやっても改善されそうにない時には、思い切って休む決断も必要です。時間を置くことで、やる気の障害になっていた雑念が薄れ、気分新たに再スタートを切ることも可能です。

 

おわりに

好きなことをやってるはずなのにやる気はでない。これは異常事態ではなく、誰にでも起こりうることです。

まずはやる気が出ない事実を受け止めて、速やかに対策を取りましょう。時間を置けば、やる気はいずれ戻るようになりますから。

 

 

タイトルとURLをコピーしました