直感を信じてみる

心理学
スポンサーリンク

人や物など、何かを見たり聞いたりしたとき、瞬間的に思いつくアイディア、

それが「直感」というものです。

第一感とも言いますね。

直感というものは、根拠がないような気がするので、

直感のままに発言したり行動することは、

とても危ういこと、という先入観は、誰にでもあります。

なので、せっせと考えに考えて結論を出すことになるわけですが、

結果的には、直感、すなわち、最初に感じたことが、案外正しかったりすることがあります。

直感を採用しないということは、時間をかけて考えてから決める、というプロセスになります。

考える時間が長くなるということは、

ああすればこうしよう、こうなったらこう動こう、という理屈が思い浮かんできているわけですが、

理屈が増えているだけにとどまらす、

不安感や恐怖感といった感情も乗っかってくるので、

感情に左右される結論を導きやすいのです。

そういった結論は、第三者から見ると、首を傾げたくなるような、はたまた、笑ってしまうようなことですらあるのです。

それに対して、直感は感情に左右されず浮かび上がる思いです。

直感の大きな支えになっているものは何でしょうか?

それは、それまでに培ってきた、過去の経験の蓄積です。

過去の経験をもとにして一瞬ではじき出された答えが、直感なのです。

ですので、人生経験を積めば積むほど、直感の精度は上がっていって

直感で判断することが、結果的に正しかった、ということが増えてきますので、

何らかの決断をして行動するとき、無駄に考える必要がなくなります。

直感は、人生においていろいろ経験を味わいながら、いつの間にか身につく、最高の武器なのです。

 

タイトルとURLをコピーしました