人は情報を感情で処理する

心理学
スポンサーリンク

人間の脳というものは、実に優秀な機能を持っています。

取得した情報を記憶して、それを元に、様々な発想を巡らせて、

事業を展開したり、クリエイティブな製作ができたりします。

情報をいかに活用するかが、ビジネスでもプライベートでも、人生をより良くする鍵と言えるのですか、

ひとつ気をつけておきたいことがあります。

それは、人間は、感情を持つ生き物である、ということです。

私たち人間は、喜びや嬉しさといった、高揚感が湧くプラスの感情を感じていたいので、

そのような感情をもたらすような情報を集めたがります。

つまり、自分にとって都合のいい情報を囲い集めて、

自分にとって心地いい解釈をする、というのが、

人間が行う情報処理なのです。

私たちが、ついつい偏ったものの見方をしてしまうのは、

不快感を覚えるような情報を避けて、満足感に浸れる情報ばかりピックアップするからです。

それが時折、世間の感覚とズレたりすることもあるわけです。

なので、自分にとって都合が悪い、自分にとって心地良い気がしない情報をとる機会を、

ほんの少しとるだけでも、だいぶ偏りが是正されます。

ネガティブな情報がもたらす影響力は強いので、少しの時間でいいです。

偏りかけた考え方を中立に戻す努力は、

初期段階であれば、少しの時間で簡単にできますので、

自分と違う考え方をもたらす情報に触れる、ほんのちょっとの勇気を出してみることが大切なのです。

 

 

タイトルとURLをコピーしました