クレームと恋愛は似ている?という話【感情的だと同じ行動パターン】

心理学
スポンサーリンク

クレームをするときの心理状態や言動は、

恋愛において、パートナーと喧嘩した時の態度と、驚くほど似ています。

例えばある人は、クレームを言うときに、とにかく言いたいことを時には強い口調でぶつけて、

店側、会社側が誠意ある謝罪をしてくれたら、それで終わりにして、

その後は何もなかったかのように、そのお店や会社を利用し続けます。

自分の思いを伝えるときは熱いけれど、その場が過ぎれば、忘れることができます。

パートナーとけんかした時も、同じような態度をとります。

言いたいことを吐き出したら、気分がスッキリして、その後はケロっとしている、

という態度をとるわけです。

一方で、お店や会社に不快なことをされても、

クレームを言わず、だまっている人がいます。

このような人はクレームを言わない代わりに、

そのお店や会社を、2度と利用しません。

面と向かっては抗議しないけど、その場所には2度と行かない、という形で、報復するわけです。

切るときは、スパッと切る人でもあるのです。

では、パートナーとけんかしたときは、どうなるかと言うと、

言い返したり、自分の意見を主張することはできない代わりに、

徹底的に無視をして、相手が折れてくるのを待つか、それすら許さず、

無視し続けて、結果として自然消滅、という流れになります。

自分の正当性を主張する、という点で、クレームも、恋愛のけんかも、本質的には同じです。

なので、自分自身やパートナーのクレームの仕方を観察すると、

けんかしたとき、相手に対してどんな態度をとってしまうか、

また、相手が自分にどんな態度をとるか、ということが、

あらかじめ見えてくるので、事態の悪化を防ぐためどう対応すればいいか、もわかってくるというわけです。

クレームは、その人の性格が如実に現れる機会なのです。

 

タイトルとURLをコピーしました