新紙幣発表!1万円渋沢栄一・5千円津田梅子・千円北里柴三郎

ニュース

今朝、びっくりするニュースが入ってきました。

紙幣が新しくなるとのこと!一万円、五千円、千円、それぞれの肖像画が変更になります。

出典:時事ドットコム

スポンサーリンク

約20年ぶりの紙幣刷新

麻生太郎財務相は9日の閣議後の会見で、1万円札、5千円札、千円札のデザインを一新すると発表。新しい肖像は1万円札が渋沢栄一、5千円札が津田梅子、千円札が北里柴三郎になる。写真は新紙幣のイメージ=財務省【時事通信社】

実際に新デザインが流通するのは2024年上半期になる見込み。これまでの例に倣うと、ほぼ20年周期で紙幣のデザインは変わります。

現在紙幣に描かれているのは、1万円が福沢諭吉、5千円が樋口一葉、千円が野口英世で、2004年に流通がスタートしています。その20年前の1984年は、福沢、新渡戸稲造、夏目漱石の3人の肖像になりました。さらにそれ以前は、聖徳太子(1万円、5千円)、伊藤博文(千円)、岩倉具視(500円)でしたね。

裏デザインは?偽装防止のため?

財務省が公表した新デザインのイメージを見てみると、新紙幣の裏面の図柄には、1万円が東京駅丸の内駅舎、5千円が藤の花、千円が葛飾北斎の浮世絵「富嶽三十六景」(神奈川沖浪裏)が描かれています。寸法は現紙幣からの変更はないとのこと。

傾けると肖像が立体的に浮かび上がる「ホログラム」という技術を紙幣では世界で初めて採用、偽造防止などにも力を注いでいます。

さらに、見本をよく見ると額面の数字が大きくなっていることに気づきます。他にも指の感触で判別できるマークを券種ごとに異なる位置に配置してあり、視覚障害者らに利用しやすい仕様になっています。

また、500円硬貨についても素材などを変更したものが21年上半期をめどに発行されることが発表されました。これまでのニッケル黄銅に、白銅と銅も混ぜて2色3層にするなど、偽造防止に力を入れています。

なお、「流通枚数が極めて少ない」(麻生氏)との理由で、2千円札は刷新を見送られました。現在の紙幣や硬貨は、デザイン変更後も流通します。

新元号に合わせて発表?

そこで気になるのは、2024年間であと5年もあるのに、なぜこのタイミングで発表?という点ですね。

1日の新元号発表からわずか9日後と、発表時期を合わせたようにも思えるのですが、麻生氏は「たまたま重なった」と説明しました。真意はどうであれ、新時代を迎えるにあたり、世間におめでたい雰囲気が広がる中、紙幣デザイン刷新というフレッシュな話題を提供したことで明るいムードに拍車がかかるのは間違いなさそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました