片づけができない!すぐできる方法とは?【ミニマリスト入門第1歩】

ミニマリスト
スポンサーリンク

みなさんは片づけができてますか?ちょっと油断してるとすぐに部屋が散らかる、ということになっていませんか?

部屋が散らかる一方なのを歓迎している人はいないと思います。ましてや好き好んでゴミ屋敷を望んでいる人もいないはずです。

片づけたいんだけど片づけられない」というジレンマを解消したいところです。

片づけに対して、「難しい」「めんどくだい」という意識が強いと、いつもでたってもなともに片づけられませんよね。それどころか、「楽しく爽やかにお片づけ」なんてこと、可能なのでしょうか?

今回のこの記事をお読みいただければ、

①なぜ片づけができないのか
②誰でも暇なときに片づけできる方法

がお分かりいただけるので、最後までお読みいただければ幸いです。

 

スポンサーリンク

なぜ片づけができない?

忙しくしていると、どんどん周りにモノがたまります。なぜかというと、答えは単純です。

モノを捨てる時間が確保できない、からです。

もちろん時間があれば片づけたいと思うのですが、なかなか行動に移せません。やっかいなのは、時間があるのに片づけられない、ということです。

しかし、繰り返しになりますが、モノがたまり部屋が散らかるのを望んでいる人はいないと思います。きれいに整理整頓された部屋にいるのは心地いいですし、健康的なのは間違いありません。

散らかるのは好ましくないと思っていながら、片づけできないという状態は、本心と実際に目の前に起きていることがかみ合っていなくて、健全とは言い難いです。

理想と現実が裏腹になっています

好ましくないと思っていることを放置しているので、気分的にも悪影響を与えてしまいます。

部屋が散らかるときは
心が乱れている

とよく言われるのは、そういうことです

にもかかわらず、なぜ片づけられないかと言いますと、答えはたったの一言で言い表せます。それは…

 

完璧を求めているから

ということです

つまり、

整理整頓=完璧に片づけられた状態

というふうに自動的にイメージしています。ゴミひとつ落ちていない、きれいに磨かれて理路整然とした部屋、という印象が固定化してしまうと、それを目指すとなるとハードルがあまりに高いわけです。

まずは、いきなりそこを目指す必要はないということ。できることから始めましょうというわけですが、具体で気にどうすればいいか、次項でお話します。

 

誰でも暇なときに片づけできる方法

片づけるというと、整理整頓された状態を頭に浮かべてしまうので、難しく感じてしまいます。

なのでせっかく時間があっても、目標が高すぎるがために始める前から萎えてしまい、片づける気力が起こらないのです。

ではどうすればいいかというと、

 

まずは机かテーブルだけ
片づけてみましょう

ということです。

これはどういうことかと言いますと、全部を一気に片づけるという発想ではなく、まず一部だけ片づけるということです

つまり、短時間でさっさと片づける経験を積むことが大事で、それもできるだけ身近の日常的に使用するスペースから始めるのです。

そうなると、机とテーブルの上や引き出しの中を片づけてきれいにすることが、経験値を積むのに最適なのです。

そしてこの片づけ習慣の第一歩は、たった2つのことに取り組むだけです。それは、

1・必要なものとゴミを分ける
2・必要なものを本来の場所に移す

まずこれを机やテーブルの片づけで覚えて、少しずつ他のエリアでも応用すればいいのです。

必要なものとゴミを分ける

重要なことは、机とテーブルは片づける範囲がおのずと決まっているということ。その範囲内で、何を片づけるべきかがはっきりと視界に入ります。

机やテーブルの上には、「必要なモノ」と「不要なモノ=ゴミ」が混ざっています。まず、その中から明らかなゴミをまずゴミ箱に捨てる、というこれだけの動きをまず習慣化させましょう。これだけでも、かなり片づけ意識が育っていきます。

ゴミを素早くきちんと捨てられるようになったら、汚れている部分をきちんと磨いてきれいにしてみましょう。これは、身近なものを清潔に保つという意識を身に着けることができます。

必要なものを本来の場所に移す

そして机やテーブルの上には、今のあなたに必要なものが残るはずですが、それは元々からそこにあるべきものでしたか?

どこか違う場所から持ってきたものではないですか?もしくは、購入したばかりでどこに収納するか定まっていないものではないですか?

元にあった場所に戻してあげましょう。そしてそうすることで、ずっと使っていないのにただ机に置いていただけだったことに気づけます。

「今本当に必要なモノ」のみが机やテーブルの上にある状態になれば、このステージは卒業です。片付けできる人になる第1の壁をクリアしたことになります

 

おわりに

というわけで、時間が空いたら、暇になったら、まず机かテーブルをスッキリさせてみましょう。それを第一歩に、片づけの習慣が身に着けば、必要最小限のモノで過ごす「ミニマリスト」のライフスタイルにも関心が向かいやすくなるでしょう。

小さな取り組みが片づけを習慣化させて暇つぶしに片づけをするという理想的な
時間の使い方ができるようになるのです。

 

 

タイトルとURLをコピーしました