1番言いたいことは1番言われたくないこと

人間関係
スポンサーリンク

人間関係を難しくしているものはなんでしょうか?

それはなんといっても、「気持ちのズレ」が起きる、ということです。

それは、自分が相手に求めていることと、相手が自分に求めていることが異なる時に発生します。

自分の気持ちと相手の気持ちが一致してしない、ということです。

親子関係や夫婦関係、恋人関係など、自分と特に近い関係にある人ほど、

お互いの人生に深く関わっているだけに、

相手に対して、様々なことを求めがちになります。

そして、そんな中で、しばしば生じる現象があります。それは、

自分が1番言いたいことは、相手にとっては、1番言われたくないこと、ということです。

例えば、「〇〇しなさい」という、相手への助言が、相手にすれば、最も耳が痛い、聞きたくないことであったり、

「〇〇してはいけない」という忠告が、相手にすれば、最も邪魔くさい一言であったりします。

身近な存在であるがゆえに、つい本音が出てしまいます。

自分が1番言いたいことであり、相手のため、という大義名分があるため、気分がスッキリします。

しかし相手にとっては、1番言われたくないことをピンポイントで言われるため、遺恨が残るのです。

でも、自分が1番言いたいことは、相手にとっては1番言われたくないこと、ということが起こり得るということを知っておくと、

それと全く逆のことも起こる得ることにも気づけます。それは何かというと、

自分が1番言いたくないことは、相手にとっては1番言ってほしいこと、ということです。

自分の本音と逆のことを言うと、相手が喜んでくれる、ということもあるのです。

ここに人間関係を良くするヒントがあります。

関係が近い人との会話では、とにかく、自分が言いたいことを言いたくなります。

しかし、変化球として、自分の本音ではないこと、あまり言いたくないこと、言うのが照れくさいようなことを、言ってみることで、

それがかえって、相手の気持ちにダイレクトに届くことがあるのです。

近い間柄であればあるほど、良好な関係を維持する工夫をしていかないといけません。

ストレートな思いをぶつけるだけでは、気持ちが通い合わないことがよくあるのです。

時には本音とは逆の言葉を投げてみる、という硬軟取り混ぜた会話のキャッチボールによって、

人間関係は、保たれていくものなのです。

タイトルとURLをコピーしました