口論の原因は何だろう?【結論:きっかけになった一言を探る】

人間関係
スポンサーリンク

口論をついしてしまうということ、ありませんか?

口げんかを最初から望んでやる人は少ないはず。

私たちは、言葉を使いながら生活をしています。

よって、私たちが日頃感じる喜怒哀楽は、多くの場合は、言葉によって引き出されるものです。

口論は、その中の「怒」が沸点に達したときにおこります。

言葉のキャッチボールの中で、口げんかになってしまうことは残念ながらあります。

今回は、口論の原因として避けて通れない、「怒り」との関係について考えてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

口論の原因を探ろう

例えば、ある人のたった一言で、ついカッとなってしまうことは、

誰にでも思い当たることでしょう。

しかし、その一言と言うのは、怒りを発火させる最終装置だったということであり、

元をたどると、トラブルの起点となる一言というのが、やはり存在して、

そこから、いくつかの言葉のやりとりがあった後に、決定的な一言によって、怒りのマグマが爆発する、という流れが、ほとんどなのです。

ここで整理しておきましょう。

・怒りに最終的に火をつけた一言
・トラブルの起点になった最初の一言

口論にはこの2つの言葉が深く関わることを抑える必要があります。

口げんかになったときは前者が原因と思いがちですが、本当の原因は後者です。

その最初のきっかけの一言と言うのは、怒った瞬間には、思い起こせません。

怒りの決定打となった最後の一言ばかりが、頭に残り続けます。

怒りに任せて、自分は間違ってなんかいない、と思ってる間は、気づけないものです。

怒りの感情が収まってきて、何がいけなかったのだろうと反省していく中で、トラブルの元を作った最初の一言が、思い出せるのです。

その言葉は、相手からだったり、自分からだったりします。

そして、その最初の一言を言われた側に、何かしら心に引っかかるものがあったので、不快感がくすぶり続けて、最終的に、怒りとして、外に出してしまったというわけです。

 

最初の一言がなぜ引っかかったのか?

では、心に何が引っかかったのでしょうか?

答えを言いますと、それは「プライド」です。

さらに具体的に言うと、「この人にそんなことを言われたくない」という気持ちが、怒り爆発の起点になっているのです。

怒りの原因をたどっていくと、プライドの高さが災いして起きてしまうことが見えてきます。

そして、自分の弱さを知ることができるのです。

もちろん、トラブルと言うのは、避けないといけないことが大前提ではあります。

怒りがついつい爆発してしまい、口論になってしまったということは、プライドが揺るがされたということです。

私たちは、プライドが揺るがされると、もろさが出てしまうもの。

口論をしたあと、このことをまざまざと思い知らされます。

そしてそれは、弱い部分は誰でも持っている、ということを学ばせてくれる機会でもあるのです。

 

おわりに

今回は、口げんかの原因について、「2つの言葉」があることをお伝えしました。

このことを知っているだけでも、怒りが沸点に達するのをかなり抑えられるようになります。

最初の一言にいち早く気づき、導火線の一言を未然に防ぐことができますから。

 

タイトルとURLをコピーしました