友情は時を越えて復活する

人間関係
スポンサーリンク
私たちは、無数の人たちと共存して生きているわけですが、
自分と仲が良い人というのは、かなり絞られてきます。
そんな中で、自分の心を晒し出せる友人は、自らの成長の大きな糧であり、
人生を、楽しく豊かにしてくれるありがたい存在です。
しかし、精神的な距離が近いがゆえに、相手のちょっとした言動で、感情が揺さぶられることがあります。
時には意見が対立し、けんか別れをすることもあります。
けんか別ればかりだけでなく、お互いの進路の違いから、離れ離れになったケースもあるでしょう。
あなたにも、連絡が途絶えて、疎遠になってしまった友人がいらっしゃるかもしれません。
自分の人生の中で、その人の重要性が全くなくなったと、認識することもあるでしょう。
しかし、人の心は移ろいでいきます。
感情は、時の流れとともに浄化されていきます。
年を重ねてくると、何でも語り合える親友というのは、数えるほどしかいないし、
滅多に出会えるものではない、ということを実感してきます。
人を理解することの難しさ、自分が人に理解されることの難しさが、身に染みる出来事が、
人生には頻繁に起きるわけです。
そんな人生を生きる中で、お互いのことを理解しあえていた友がいた、ということは、
いかに貴重なことだったのか、ということがわかってくるのです。
たとえ疎遠になった友人でも、いかに貴重な存在であったかに気づいたとき、
その友人を大切に思う気持ちが、よみがえってくるのです。
疎遠になっていた時期が、お互いの大切さを確かめ合うための、
冷却期間であったのだと、気づくことができるのです。
友情は、時を越えて復活するものです。
しばらくの冷却期間を経て、改めて固い友情を結ぶことができるのです。
タイトルとURLをコピーしました