今こそ兄弟姉妹との関係を大切に!最も長く続く人間関係です

人間関係
スポンサーリンク

こんにちは、おかもとたかし(@tak_okam)です。

 

さて、人生において、最も長く付き合っていかなければいけない人とは、誰でしょうか?

 

それは、兄弟、姉妹です。

 

いま、自宅にいることが多い人は、兄弟姉妹と常に顔を合わせることも多いでしょう。

また、なかなか里帰りできないなどして、疎遠になってしまっている人もいるでしょう。

 

そんなときこそ、血を分けた兄弟姉妹の大切さに思いを馳せてほしい

 

と思い、今日の記事を書いてみました。

この記事をご覧の方の中には、一人っ子の方もいらっしゃると思います。

今回は、兄弟姉妹がいらっしゃる方に向けたお話となりますので、どうかご了承いただきたいと思います。

 

どうか最後までお読みいただけたらと思います。

 

スポンサーリンク

最も長く続く人間関係

兄、姉であれば、あなたが生まれた瞬間から、弟、妹であれば、幼少期、少年期から、というように、

小さい頃から身近に接し続け、長い人生を共に歩む存在であります。

年数だけで言えば、配偶者よりも、長い期間であることがほとんどです。

それに、兄弟姉妹というものは、血の繋がりがあり、この事実は、一生消えることはありません。

その人が自分の人生に全く存在しなかったかのように、完全完璧に縁が切れることができないのです。

今、あなたが兄弟姉妹といかに疎遠であろうとも、仲が悪かろうとも、絶縁状態だとしても、

 

あなたにとって、最も身近な血縁者ということは、一生変わらないのです。

 

なので、どんなに離れていても、完全に離れるわけにはいかず、人生のどこかで、必ずまた、身近に接する時がやってきます。

その時、それまでにはわからなかった相手の気持ちが分かったり、再び助け合う場面が訪れたり、ということも十分にあり得ます。

1時的な感情で、関係がもつれることもありますが、兄弟姉妹との付き合いは、とにかく長いので、長い目で、余裕を持って、お互いを見つめることが大切です。

 

親密な時期もあれば、倦怠期、疎遠な時期もあり、また親密な時期に還る。

 

というように、兄弟姉妹の仲は長い時間を経て循環していく、という心持ちで、おおらかに付き合っていくことが、肝要なのです。

 

 

おわりに

ほとんどの人にとって、兄弟・姉妹とは、くっついたりはなれたりを繰り返す存在です。

事情があり、今はどうしても分かり合えない関係になってしまっていても、時がたてば、時間が解決してくれて関係が改善してくれることもあります。

一生消えない間柄だからこそ、巡り巡っていつかは近くなることがある、それが兄弟であり姉妹なのです。

 

タイトルとURLをコピーしました