言葉は受け入れ態度は忘れる

人間関係
スポンサーリンク

自分のことを否定されることは、誰も望んでいません。

耳に痛いことを言われたくないのは、誰でも同じです。

自分の発言や行動に対して、

反論されたり、自分の意に沿わない反応をされたりします。

それだけならまだいいのですが、相手の態度が感情的すぎたり、高圧的すぎたりすると、

相手が何を言うかに関係なく、相手への嫌悪感が生まれます。

ところが、相手の自分に対する態度はムカつくんだけど、

言ってることは、正しいよな、と思うことがあります。

相手に対して嫌悪感を持っているのに、相手の言ってることは正論だと感じると、

心の中で矛盾が生じるわけです。

憎らしいと思う気持ちと、その通りと思う気持ちが、交錯するわけですね。

このような時は、状況を、少し引いた視点で見つめることが大切になります。

あなたとその人とのやりとりを、上から見下ろすように眺めてみる、という感覚です。

状況を、あなたの主観ではなく、客観的に捉えるということです。

すると、その人のあなたに対する態度と、発言内容を、分けて考えられるようになります。

この習慣を身に付けるのは最初は難しいですが、慣れてくると、

強い態度に出るその人の心情や、背後関係まで、見えてくるようになります。

なるほど、そういうことがあったから、今自分に強く当たってるんだ、と、

納得できるにようになったら、こっちのものです。

あなたは、相手の言葉はありがたく受け入れ、態度は忘れることができるようになります。

これができるようになると、あなたの対人関係はかなり良くなります。

あなたの置かれた状況を客観的に見る力こそが、

あなたの人生に大いに役立つ能力なのです。

 

タイトルとURLをコピーしました