あっという間に読む本と時間をかけて読む本

雑談
スポンサーリンク

いつの時代でも、本は、私たちの生活には欠かせないものです。

読書が私たちの人生に果たす役割はとても大きいのです。

中には、漫画しか読まないという方や、

雑誌しか読まないという方もいらっしゃるでしょう。

しかし、それらも、本であることは変わりはありません。

本から情報を仕入れ、知識を吸収して、教養を深めることは、誰でもやってることなのです。

ものすごく興味があり、好きな作者の本は、短期間で読み終わることが、できます。

でも、忙しかったり、または他人から薦められた本だったりすると、

なかなか読み進めることができず、読破するのに時間がかかることがあります。

しかし、最後まで読み終えた、ということがとても重要です。

一冊の本を読み終わることは、エネルギーを要することです。

少々苦痛を感じることもあったとしても、飽きることなく、最後まで読み終えたことは、

物事を最後までやり遂げる格好のトレーニングにもなります。

さらに、時間とお金、とりわけ時間を投資して、作者の主張、世界観を、受け入れた、ということになります。

「忙しさ」や「飽き」を乗り越えて、時間をかけてでも読んだ本は、スラスラ読み終えた本より、

思い入れが強く、あなたにとって大切な本になります。

たとえ読むスピードが遅くても、最後まで読み進めることで、その本の価値は高まっていくのです。

タイトルとURLをコピーしました