何を言われたら腹が立ちますか?

日常生活
スポンサーリンク

怒りの感情は、誰もが秘めています。

怒りっぽい人がいたり、あまり怒らなかったり、怒りの頻度は個人差がありますが、

怒りが全く湧かない体の仕組みをしている人は、1人もいません。

しかし私たちは、どうすれば、何を言えば、怒ってしまうのかということは、お互い知ることができません。

例として、つい発した軽はずみな一言が、相手の怒りを買うこともあります。

どうしてこの人はこんなことで怒っているんだろう?と不思議に思うことがあります。

そして逆に、今度は自分が、何か言われたりされたりして腹が立った時、

相手は全くそんなつもりはなく、困惑するという場合もあるのです。

怒りのスイッチが入る原因は、人それぞれ違うのです。

怒りは、本当は、誰でもしたくないことです。

怒りを出してしまうシチュエーションは、できれば避けたいですよね。

そのためには、自分がどんなことを言われたら、どんなことをされたら怒るのかというのを、

正確に把握することが有効なのです。

例えば、自分の容姿や体型について言及されたら、それだけ腹が立つ、とか、

年下の人に、タメ口を叩かれたら、それだけ腹立つ、など、

こんな時に自分は怒ってしまうんだ、ということを知ることが、とても大切なのです。

これを知っておくことで、自分を怒らせない人を選び、引き寄せることができるようになります。

職場や学校など、出会う相手を選べない場合もありますが、

関係を深める相手を自ら選ぶことができる、プライベートの場面では、

すごく有効な考え方なのです。

そして、公の場でも、この人は、自分を怒らせやすいタイプの人、というのが見つけやすくなり、

そのような人との距離の取り方が適切になり、付き合い方が、賢くなっていくわけです。

何を言われたら、されたら、あなたは腹が立ちますか?

この質問に、すぐに答えられるようになっておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました