ありがとうと言われない善行を積みましょう【これが案外幸福への近道】

日常生活
スポンサーリンク

善行とは、読んで字のごとく、善い行いということですね。

私たちは、人に何か善い行いをしてあげると、

「ありがとう」という言葉を求めたがります。

何らかの奉仕やサービスを受け取ることに対して、感謝してほしいと願うのは、

当然のことであり、それがギブアンドテイクだと思っているフシがあります。

しかし、現実には、ありがとうという言葉を期待しても、

ありがとうと返されることなく、寂しい思いをしてしまうことがあります。

ありがとうに代表される、感謝の言葉という、目に見えるわかりやすい見返りを、

その場でも受け取れなくて、善行を積むということは、

ものすごく損してるようにも思いますが、決してそうではありません。

時間をおいて、見返りが自分に返ってくるとこともあるのです。

見返りを「すぐに」求めるから、辛いのですが、

タイムラグを経て、「いずれ」何らかの形で受け取れる、

当初描いていた形と違っていても、「いずれ」恩恵をもたらされると思えば、

見返りを気にせずに、善行を重ねることができるようになります。

善行は、貯めれば貯めるほど、いずれ受け取れる恩恵は計り知れないものになっていきます。

与えたものへの対価は、時間差を経て、必ず受け取れるんだ、ということを、知っておくことで、

惜しみなく善行に励むことができるのです。

タイトルとURLをコピーしました