諦めていないからこそ悔し涙が出ます【これをエネルギーにリベンジを】

日常生活
スポンサーリンク

うまくいかなかったり、何らかの勝負に負けたりして、

つい、悔し涙を流すことがあります。

悔しいという気持ちは、なぜ起きるかというと、

芳しい結果が得られなかったことに対して、

「責める」意識が出たときに沸き上ります。

責める対象は、ほとんどの場合は自分自身なのですが、ときには、相手だったり、環境だったりします。

そして責めたい衝動を必死に抑えながらも、目の前の厳しい現実をなかなか受け入れないでいるとき、

悔しさで胸がいっぱいになるわけです。

そして涙が出るほど悔しいということは、

結果を踏まえて、いさぎよく諦めるということに、抵抗があるということになります。

結果をなかなか受け入れきれないでいるということです。

諦めきれないが故の悔し涙は、大きな活力になります。

涙は、あなたにはまだ終わってはいない、まだ可能性は残されていると言うことを、

あなた自身にに訴えかけているのです。

悔し涙は、あなたを奮起させ、リベンジへとあなたを突き動かす、あなたの内なるメッセージなのです。

 

タイトルとURLをコピーしました