大人げない自分との終わりなき戦い【人生を一言で例えると】

日常生活
スポンサーリンク

自分は何て大人げないんだ!

と感じること、ありませんか?

なんでこんなつまらないことをしたのか?

とか、

なんでこんなこと言ってしまったのか?

などと、悔やんでしまうこと、よくあります。

気が付けば、周りにもすごく迷惑をかけているし、十分の評判が落ちているのもわかる…なんてこともあります。誰だって、人から恨まれるのは避けたいものです。

 

もういい年なのに…

とつい考えてしまいますよね。

大人げないなあと思ってしまったこと、今日もあったかもしれませんね。でも、それでいいんです。現実はというと、

私たちはいつまでたっても大人げないまま

なのですから。

 

スポンサーリンク

自分の性格は変わらない

思い出してみてください。

かつて親しかった友人と久々に会ったとき、「あ~変わらないな~」と思ったことあると思います。そんなときはもちろん、相手もあなたのことを「変わらないな~」と思ってるもの。

そうなんです。相手も自分も性格は変わっていないのです。

性格というものは、生まれてから3歳ごろまでに形成された気質ですので、変えることはできません

 

三つ子の魂百まで

の言葉の通りです。

変わるのは考え方と行動のパターンのみで、「性格」そのものは変わりません。

なので、今時点のあなたの性格は、10年後も20年後もそのままです。

 

性格の同じ部分で長年悩み続ける

そして、自分が「大人げない」と感じる時とはいつも、同じ性格が現れたときです。

これも、今後変わることはありません

変えることができるのは、その性格が顔を出したときに対するあなたの捉え方のみです。

「いい年して…」などと自分の大人げなさを悔やんでいるときは、自分の性格を何とかしたい、できれば改めたいと、心の奥底で思っています

改めたいという思いがあるから、その性格が顔を出したときに自己嫌悪に陥るのです。

従って、もう自分の性格は変わることはない、と開き直ることです。

そしてここからが大事なのですが、自分の性格を受け入れてくれる人、場所、環境を見つけることです。

自分の性格を認める近道は
自分の性格を誰かに認めてもらうことです

自分が悩んできた性格を肯定的に受け入れたとき、その性格を活かせる道が開けてくるのです。

誰も傷つけたり、不快に思わせることのない、あなたの大人げなさが長所や能力になるときがやってきます

 

まとめ

大人げない自分、すなわち、変わりたくても変われない自分と向き合うことは人生のテーマであり、人生を一言で例えると、表題の通り、

 

大人げない自分との終わりなき戦い

なのです。

 

 

タイトルとURLをコピーしました