失うことが怖いのはありがたい

日常生活
スポンサーリンク

人は、どういう時に、恐怖感を抱くのでしょうか?

大きく分けて2つのパターンがあります。

ひとつは、今持っているものを、失ってしまうのではないかと思う時、

もうひとつは、望んでいる結果を得られない可能性がある時、です。

中でも、何かを失いなくない時に忍び寄る恐怖感が、大きなウェイトを占めていて、かつ強烈です。

大切な人を、失いたくない。

貴重な財産を、失いたくない

築いてきた地位を、失いたくない。

健康な状態を、失いたくない。

この、幸せな日々を、失いたくない。

恐怖感があるということは、あなたには今、失いたくない何かがあり、

その何かに、今は満たされているのです。

満たされた現状のままでいたい、という願望と、恐怖感は隣り合わせなのです。

つまり恐怖感があるということは、あなたはすでに満たされた日々を謳歌しているということです。

あなたは、幸せの種を、すでに持っているのです。

いま、あなたに、恐怖を感じでいることがあるとしたら、

あなたの心を満たしてくれる何かを、ずっと持っていたくて仕方ないのです。

恐怖は避けられない感情で、誰もが例外なく抱くものです。

湧き上がってくる恐怖感とうまく付き合うためには、

何に対して、恐怖感を抱いているのかを、じっと見つめることが大切です。

そして失いたくない、満たされているものに気づいたとき、あなたはそれに感謝できるにようになります。

恐怖感は、あなたに教えてくれているのです。

あなたはすでに、かけがえのない何かに、満たされているということを。

 

タイトルとURLをコピーしました