せかす人に限って動きが鈍い?

日常生活
スポンサーリンク

世の中には、じっとしていられない人がいます。

人に対して、迅速な行動を促す人がいます。

待つのが苦手な人、というのは、決して少なくはないです。

いわゆる、「せかす人」のことですね。

ところがこのせかす人をよく観察してみると、

他人には素早く行動するのを求めているのに、

自分はというと、せかしてばかりで、行動しないでじっとしたまま、というケースが多いのです。

せかした末に、せっかく相手の行動のスピードが上がっても、

今度はそれについていけず、だじろいでしまう場面も身受けられます。

素早い行動を促しておきながら、いざ相手が素早くなると、とたんについていけなくなる…

という、不思議な現象が生じるわけです。

これは、他人の行動に対する期待値が高すぎるあまり、

相対的に、自分自身の行動が鈍ってしまう、ということになるのです。

相手にばかり矢を向けて、自分を省みることができてない、というわけです。

これが習慣化してしまうのは、望ましくないことです。

このようなごく身近な行動にこそ、

相手に求めるのであれば、自分の襟を正す、ということを、心がける必要があるのです。

タイトルとURLをコピーしました