感謝するから感謝されるという話【すべてのことを有難く受け取ろう】

日常生活
スポンサーリンク

あなたは日ごろ、「ありがとう」という言葉を、

どれぐらいの頻度で使っていますか?

普段あまりありがとうと言っていないということは、

自分は他人からあまり良くしてもらっていない、

自分が恩恵を受けることをあまりされてない、と感じているということです。

一方で、ありがとうと言うことが多い、ということは、

人から様々な恩恵を受け取っている、お世話になっている、という実感があるということです。

一般的に、人は、ありがとうと言われると、自分は大事な人間なんだという気持ち、

いわゆる「自己重要感」が満たされていきます。

世の中に対する自分の重要度をあげたいと言う気持ちが働き、

さらに、ありがとうと言ってもらえるような言動をとるようになります。

そうなると、お互いが、ありがとうを受け取り合うという、好循環に入っていきます。

なので、どんなに小さなことであっても、ありがとうと一言添えることによって、

ありがとうを受け取る余地ができてきます。

感謝が多い人ほど、感謝を受け取ることができます。

人生を良くする最も大切な言葉、それが「ありがとう」なのです。

タイトルとURLをコピーしました