はじめの一歩に時間がかかるのは当たり前という話【慣性の法則を待つ】

日常生活
スポンサーリンク

何かを始めないといけない時に、気分が乗らない時があります。

仕事とか勉強とか、やらないといけないことがあっても、なかなか最初の行動に踏み切れないこととかありませんか?

自発的に計画していることとか、楽しみでワクワクしているときはスタートできるのですが、やらなければいけないタスクの時はなかなか始められません。

本当は今日には始めないといけないとわかっていても、やっぱり気分が乗りません。

そんなときはどうすればいいのでしょうか?

結論を言いますと、

 

とにかく一番簡単なことからはじめる

これに尽きます。

今回はこの話を深掘りしていきましょう。

 

スポンサーリンク

1を産むのが大変

いきなり真実を述べますが、

 

何事においても
0から1にするのが
最も大変です

無から有を産みだすことは容易ではありません。物質だけでなく行動にしても全く同じで、新たに何かを始めるときはエネルギーを要します

車を思い浮かべればわかりやすいでしょう。車のように、最初のスタートの際に最も強いエネルギーを必要とします

だからこそ、最初のスタートはできるだけ簡単なことから始めれば、少ないエネルギーで済むというわけです。

 

あとは慣性の法則におまかせ

まず一番簡単にできることから手をつけましょう。

そうすると、これまでの気分の乗らないモードがすーっと消えていきます。もうスタートすることができたので、あなたの心にギアチェンジが始まったのです。

ひとつひとつの行動が経験値として積み重なっていくので、少ないエネルギーで行動と成果を生み出すことができます。

これがいわゆる、慣性の法則です。

一度慣れてしまえば、今度は動き続けようとする法則です。

ここまでくれば、習慣化へまっしぐらです。

なのでスムーズに習慣化するために、最初は一番簡単なことから始めることが重要なのです。

 

まとめ

はじめの一歩にはエネルギーを要するので、時間がかかります。

簡単にできることからゆっくりスタートして、動き続けることに慣れてきたら、あとは慣性の法則が働き、無理なく少ないエネルギーで動くことができる、というわけです。

楽に習慣化するために、簡単な小さなことからスタートしましょう。

 

 

タイトルとURLをコピーしました