努力を継続するコツは苦労しないこと【違いを理解しよう】

日常生活
スポンサーリンク

こんにちは、おかもとたかし(@tak_okam)です。

何かを手に入れる、何かを成し遂げるには、当然努力しないといけません。

でも、努力し続けるって、むずかしいですよね。

 

どんだけ頑張っても、全然むくわれない…

 

と、思い悩んでしまうこと、誰にでもあります。

そこで今回お伝えしたいのは、

 

努力をしても苦労はしないようにする

 

ということです。

 

なにそれ?努力と苦労ってどう違うの?

 

それは、本文をご覧いただければわかります!

どうぞ最後までお読みいただければと思います。

 

 

スポンサーリンク

努力と苦労の違いとは?

では、努力と苦労の違いについてお伝えしていきたいと思います。

まず、努力というのはどういうものかと言いますと、

 

将来何らかの報いがあるという前提のもとで、取り組む頑張り

 

のことです。

それに対して、苦労とは、

 

報われる見込みがなく、
何も得られることがないまま、
ひたすら心身を削って頑張り続けること

 

になります。

人は、見返りを求めたがる生き物です。

よく、見返りを求めない生き方を実践している人が、賞賛されることがありますが、

実際には、何も受け取っていないというわけではありません

物質的な報酬に等しいほどの、精神的な満足、心の安らぎを受け取っているのです。

なので、物心両面において、見返りを受け取れない苦労は、断ち切らないければいけないのです。

そうでないと、ひたすら苦しみ続けることが、日常化してしまうのです。

そして、もし、あたなが今、とても苦労していると言う自覚があるときは、

苦労ではなくて、努力と置き換えると、気が楽になります。

つまり、苦労を重ねている日常生活の中でも、

何か得られているもの、特に、

 

精神的に得られているものは何かあるのではないか、

 

と探ってみるのです。

これがあるから頑張れるんだ、と再認識できた時に、苦労は努力へと置き換わるのです。

 

苦労が努力になったときに、つまら、何らかの報いがあるから頑張れる、と分かったとき、

将来の展望がほんの少しだけでも、見えるような気がしてくるのです。

 

努力ができないなら諦め時

そして、どうしても、努力に置き換えることもない苦労は、やはり、断ち切る必要があります。

いわゆる「諦め時」と言えるでしょう。

苦労を重ねて、自分を犠牲にする必要はありません。

努力を重ねていく日常が、あなたに幸せをもたらしてくれるのです。

 

 

おわりに

今回は、苦労を努力に置き換えることで、「苦労している自分」を避ける、ということをお伝えしました。

これはメンタルへのアプローチなので、すぐにできるものではありませんが、心に留めておく価値はあるので、今回紹介させていただきました。

あなたの努力の末に花が咲くことを願っております。

 

タイトルとURLをコピーしました