料理好きになる方法は実は簡単!【好き→得意→さらに好き】

日常生活
スポンサーリンク

こんにちは、おかもとたかし(@tak_okam)です。

 

「料理好き」という趣味を持っている人は、人生の充実度が上がります。

自分の作った料理で自分の健康を維持して、家族や大切な人に喜んでもらえることで、メンタル面でも安定します。

 

また、テレワークをする人が増えた昨今では、家にいる時間が増えたので、

 

家庭料理に挑戦してみようかな。

 

と、料理をやってみたいという方もいるかも。

今回は、

 

料理好きには誰でもなれる=誰でも料理上手になれる

 

というお話をしていきたいと思います。

どうぞ最後までお読みいただければと思います。

 

スポンサーリンク

料理好きには誰でもなれる!

料理が好きですか?

と尋ねられて、好き、と答えることができる人は、自分は料理が上手か下手かということを意識していません。

逆に、料理が嫌いと言う人はどうかと言うと、

「自分は料理が下手」という意識が、つきまといます。

では、料理が下手、という言葉の奥底に、どんな気持ちが潜むかと言うと、

「美味しい料理が作れない」、というよりも、

「料理自体を作りたくない」、という思いが強いのです。

つまり、料理という作業がめんどくさいので、料理をしたくない、という思いが、料理嫌いの人の根底にある、ということなのです。

「料理が嫌い」とは、「料理を作らない」と言ってるに等しいのです。

では、なぜ面倒くさいと考えるかというと、

作るのであれば、美味しい料理を作らないといけない、というプレッシャーがかかるからです。

美味しい料理を作るは難しいものという思い込みが生まれ、最初からハードルを高くしているために、

料理自体を作らなくなってしまうわけです。

料理と言うのは、実は極めてシンプルなのです。

まず材料を切って、切った材料をまぜる。

ほとんどの料理が、これだけで出来上がります。

味にこだわなければ、切ってまぜるだけの作業ですので、実は誰でもできるのです。

まぜるという過程のなかで、「焼く」「煮る」「揚げる」といった手段が身に着いていきます。

料理は実は簡単。まずはそれに気づくことが大切なのです。

 

最初からおいしい料理を作る必要はありません。

 

味付けは徐々に覚えていくものです。

今、料理は嫌いと思っているあなたも、料理を作ることは、必ずできます。

まずは、切ってまぜる、これだけです。

そして、切り方も自分なりに速やかにできるようになり、また、まぜる際にも、ちょうどよい火加減も覚えていきます。

味はともかく、

 

料理を作るだけなら自分でもできるんだと自覚できれば、
あなたは「料理嫌い」から、確実に脱出できます。

 

そして自分の作った料理が、心からおいしいと感じた時が、料理好きになる第一歩です。

1度料理が好きになれれば、あとは、「好きこそものの上手なれ」とは、本当によく言ったもので、

あなたは腕をあげて、あなたの大切な人を喜ばせることもできるようになります。

料理が嫌いという思い込みの原因に、まず気づくことができれば、誰でも、料理好きになれるということなのです。

 

 

おわりに

今回は少し精神論的なお話になりましたが、料理好きに夏と本当に人生が変わるので、お話させていただきました。

繰り返しになりますが、「好きこそものの上手なれ」の典型が料理なのです。

自宅にいることが多い方は、ぜひ一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか?

 

タイトルとURLをコピーしました