会社勤めの3つのメリット 十分に学んだら起業・副業の道へGO!

おすすめ記事
スポンサーリンク

会社にいやいや行っていませんか?

こんなつまらない会社に行って、楽しくもない仕事をしていると思うと、毎日がしんどいですよね。

なんでこんな会社に毎日通わないといけないんだろう?さっさと辞めたい。でも辞められない…

すぐに辞められないのは人それぞれに理由があると思います。でももう働き甲斐を失っているのであれば、その会社にいつまでもしがみつく必要はありません

少なくとも、いずれはやめる(できれば期限を切った方がいいですが)という前提で、将来を見据えておくべきでしょう。

辞めることを前提に働くことになったら、その残された時間の中で、

 

「この会社で学べること」を
最大化して次に活かしましょう。

会社にいるうちに、会社勤めのメリットを十分に活かし切りましょう。

会社勤めの最大のメリットは言うまでもなく、「お金が手に入る」ということ。さらに給料を受け取ることにともない福利厚生を受けること。大多数の会社員は、ほぼそれだけのために会社に(時にはいやいやながら)通っています。最初は高い志を胸に入社しても、年月が経つにつれてその思いは薄れ、お金をもらうために行く、ということが目的になります。

今回は、給料に代表される金銭面以外で会社勤めから得られることを、会社にいるうちにしっかり吸収して、十分に学べたら起業するなり副業するなり次のステップに進みましょう、というお話をします。

 

スポンサーリンク

会社勤めの3つのメリット

会社に勤めることで学べること、会社にいるからこそわかること、として3つの3つのメリットをご紹介します。それは…

・人間心理を学べる
・社会の仕組みがわかる
・時代の流れがわかる

この3つです。順にご紹介しましょう。

人間心理を学べる

会社で得られることと言えば、なんといっても人間関係を学べることです。大きくわけて2つのことを学ぶことができます。

・社内の人間関係で得られる心理と
・顧客とのやりとりで分かる顧客の心理

これは会社勤めの中で様々な人間と接するからこそ学べること。とても貴重な財産になり得ます。双方とも、今後起業するうえでも、何らかの副業にチャレンジするうえでも大事なことです。

社内の人間関係で得られる心理は、様々なシチュエーションで知ることができます。上司と部下という縦の関係、もしくは同僚との横の関係を通して、人は相手によってどんな態度を示すか、言動を取るかとを観察することができます。

社内の人間関係で時にトラブルが発生するのは、会社という建物の中に一定時間一緒にいるため、互いの距離が近くなってしまい、理想な距離感がつかめないために起こります。

距離が近いがゆえに、感情が混ざり合い、ぎくしゃくすることもあります。そんな中で、人間心理をつぶさに観察することができます。そして、人間の行動パターンの法則性も実体験できます。

さらに、顧客とのやりとりで、顧客の心理というのもわかります。基本的にサービスを受ける人は、サービスを与える人には関心がなく、感情を抱きません。接客はフラットな付き合いなので、こちらに何に感情もない分、相手の性格の本質が見えやすいです。

そのうち、この人とは合う、合わないがほぼ一瞬で感じ取れるようになるわけですが、これは仕事といういわば真剣勝負の現場に立つからこそ身に着くスキルなのです。

このように、会社という環境に身を置くと、様々な立場の人間と交わることで、人間心理が読みやすくなります。これは一生役立つスキルと言っても過言ではありません。

社会の仕組みがわかる

社会の仕組みと言えば、具体的には経済の仕組み、そしてお金の仕組みです。これは学校などで学ぶより、仕事の現場に立った方がより実践的に学べます。

経理関係の部署にいればバランスシートの基本も身に着きますし、総務にいれば、人事や人材配置などにも明るくなれます。営業担当になれば、自分以外の会社の社風や接客対応を知ることができますし、販売の現場に立てば、流通のシステムが自然と頭に入ります。

これも、机上で学ぶのではなく体験を得ることで血肉となり、一生役立つ知識をゲットできるのです。

時代の流れがわかる

そして、会社という組織にいると、売れ筋の商品やサービスは日々変化していきますし、顧客のニーズもどんなジャンルであれ変化を繰り返します。時代の流れに応じて会社組織は稼働せざるを得ないので、その中で働く者も、時代の流れを感じ取ることができます。

そして時代の流れにいかに対応していくかは、今の会社が時代の流れに乗っていても乗り切れていなくても、理解できるようになります。時代の追い風にうまく乗っていて大いに参考を示してくれるか、もしくは流れに乗り遅れているので反面教師になるか、どちらに転んでも貴重な実体験を共有できるというわけです。

まとめ

いま、会社に勤めているということは、それだけで「意味」があることだと思います。ですので、意味を最大化して、最大の学びを得ましょう。

そして忘れてはいけないのが会社への「感謝」。たとえ違う道に歩もうとも、会社から得たものはゼロではないはず。一定期間お世話になったことについては感謝を捧げつつ、次なるステップに進んでいきましょう。

 

 

タイトルとURLをコピーしました