【ビジネスマン必見】自分の声が嫌い?コンプレックスを克服する方法は?

ビジネス
スポンサーリンク

いきなりですが、あなたは自分の声、好きですか?

 

あまり好きじゃない。福山雅治さんや麒麟の川島さんみたいな声になりたかったなあ。

とか

ハスキーで低音質。女の子っぽい声になりたかったなあ。

など、自分の声をあまり気にいっていない方は少なくないようです。

なぜ自分の声が嫌いになるのか?ということですが、それは自分の声を録音したときの衝撃が一番の要因です。

 

え、自分ってこんな声だったのか!

と驚いた方が多いでしょう。

自分が普段聞いている自分の声と、録音したときや動画で撮影された自分の声を比べて、あまりのギャップの大きさに衝撃を覚えた方は少なくないはずです。

まるで、理想と現実の差を叩きつけられたような感じですよね。

今回は、なぜ自分の声が嫌いになるのかを具体的にお伝えしつつ、自分の「本当の声」をどう生かしていけばいいかについて解説します。特にビジネスシーンにおいて役立つ内容になっていますので、ぜひ最後までお楽しみいただければと思います。

 

スポンサーリンク

なぜ自分の声が違って聞こえるのか?

まずはみなさんの最大の疑問であろう、なぜ普段話している自分の声と、録音したときに聞く自分の声が違うのか?ということについてお話します。

あなたが普段聴いている他人の声は、その人の喉の声帯を震わせて出た音、すなわち空気が振動している音です。

ところが、自分で話す声を聞いている場合は少し事情が異なるのです。

空気が振動する音に加えて、骨が振動する音が混ざって聴こえます

骨が振動する音?とはどういうものかと言いますと、ノドで振動させた音が、骨を伝って脳内に響いて認識した音、ということです。

まだわかりにくいですよね。もう少し具体的に言いますと、

せんべいやポテトチップスなど、ちょっと固めのお菓子を食べているとき、ボキボキという強い音がしませんか?これが骨を伝わっている、すなわち骨もまた振動して、この音の情報も同時に脳に送られているということになります。

この音は、他人が同じものを食べていても、聞き取ることはできません。自分が食べているときにのみ感知する音なのです。

というわけで、録音したときに聞く自分の声とは、この骨が振動した音が抜けている声です。これにより、「いつもと違う」という違和感を覚えるわけです。

つまりここまでをまとめますと、

 

・録音で聞く(他人が耳にする)あなたの声=空気の振動音
・自分で聴いているあなたの声=空気の振動音+骨の振動音

となります。

そして、「自分の声が嫌だ」とまで感じてしまうのは、普段聞き慣れている自分の声にある種の「イメージ」ができていて、そのイメージに著しく反する声が録音を通して聞こえてきたときに変だ、気持ち悪い、という反応をしてしまっているのです。

まずは、自分の声に違和感を感じてしまうメカニズムについて、お話させていただきました。

 

福山雅治さんも自分の声が嫌いだった

実は冒頭のコメント例でふれた福山雅治さんもまた、自分の声に違和感を感じておられたことをテレビ番組で明かしています。

9月10日放送の「関ジャム 完全燃SHOW」(テレビ朝日系)に福山雅治が登場し、歌手としての一面がクローズアップされ、福山が抱えているコンプレックスなどその知られざる胸中が明かされた。

番組冒頭、歌手・福山の魅力として「低音の声」が紹介され、音楽プロデューサーの本間昭光は「(福山は)自分の声を熟知している。今のリスナーのほとんどがイヤホンで音を聴くことを想定して、どれだけ耳元で響く声かを意識して歌っているのではないか」と分析。これに対し福山はボソっと「バレましたね」と言い、笑いが起こる。

ところが、ゲストであるハライチの澤部佑が「自分の声は好きですか?」と聞くと、福山は「最初は好きじゃなかった。僕の声はヒット曲、ロックに向いてないと思ってたんです」と意外な返答。そして「この声を生かしてどうやったらいい歌を作れるか、今でも考えてます」と補足し、スタジオからは感心の声が漏れた。

出典:めるも

冒頭のコメント例では、福山さんの「普段の声」が魅力的という意味合いでした。

しかし、福山さんご自身は、歌手としての命である「歌声」について、あまりよく思っていなかったことがこのやりとりからうかがい知れます。

そのうえで、コンプレックスを乗り越えるヒントも語っておられますね。

これからお伝えする自分の声を武器にする3ステップにもつながっています。

 

自分の声を魅力的に変える3つのステップ

違和感を感じつつも、せっかく持って生まれた自分の声。一生嫌い続けるよりも、いい部分を見抜き特徴を掴んで活かす方が人生は楽しいです。

とくにビジネスシーンで、自分の声を魅力的に見せて、嫌いになるどころかセールスポイントにしてしまいましょう!

そのための3つの基本ステップをご紹介します。

自分の声の質をはっきり把握し受け入れる

まず、録音などで自分の声の質を客観的に把握することです。

「こんなはずじゃない」と思っても、他の人が聞こえるあなたの声そのものですから、この声と共に一生付き合っていかなければいけません。

そして、この声を受け入れること。自分の個性として活かす道を探ると腹をくくることです。

なぜ自分の声を嫌いなのか理解する

次に、なぜこの声が嫌いなのか考えてみましょう。

自分で聞いている声に慣れ親しんでいるあまりに、ギャップを感じてしまうこともありますが、自分の理想としたい声ではない、という失望感がいつまでも尾を引くケースが多いです。

では、自分はどんな声でいたかったのか?それを自問自答することで、その理想と踏ん切りをつけて現実の声と向き合う準備ができあがります。

現実の声に即した立ち振る舞いを目指す

残念ながら声の質を変えることはできませんので、この声がどんなビジネスシーンに向いているかを検証してみることが大事です。

ハキハキとよく通る声であれば営業職に向いていますし、静かで落ち着きのある低音の声だったらコンサルタントやカウンセラーに適しています。

これは自分の考えより、あなたの声を聞き慣れている他人の意見の方が参考になることが多いです。

 

おわりに

自分の声がなぜ違って聞こえるのか?そしてその声をどう生かしていくか?

そんなお話を今回お話させていただきましたが、何より大切なのは、自分の声の価値を知ること。

例え好きになれない声であっても、何らじゃの利用価値はあることは認識しましょう。そしてその声が生きるチャンスが訪れたら確実につかみ、自分の声のよさを最大限に高めていきましょう!

 

 

タイトルとURLをコピーしました