夢が強ければ誰にも相談したくない

ビジネス
スポンサーリンク
いまあなたに、どうしても叶えたい夢はありますか?
今はなくても、かつてはあったという方もいらっしゃるでしょう。
そして今後、叶えたい夢が見えてくる人も出てくるでしょう。
夢が湧いてくると、他の人にその夢を話すことがあります。
あなたの夢に賛同してくれる人もいれば、
絶対に無理だからやめなさい、と忠告してくる人もまた、いるのです。
あなたの夢に対する反対意見を聞くと、やっぱりやめた方がいいのかなあ、と思うばかりか、
「うん、そうだよね」と、自分を納得させで、結論を先送りするのです。
こうして、反対されたことを言い訳にして、現状維持のまま、時間が過ぎて行きます。
それは結局のところ、その夢を叶えたいという意志が、まだ弱いということなのです。
対して、どうしても夢を叶えたい思いが抑えきれなくなったときは、
もはや、相談をしたくなくなるようになります。
あなたの夢に対して、反対してくる人の声をもはや聞きたくないからです。
反対意見を聞いても、ほっとしないからです。
「うん、そうだよね」という妥協を、自分の中で許せなくなっているからです。
それどころか、なにくそ、と反発している自分がいます。
反対意見があっても跳ね飛ばすので、反対意見を聞くだけ時間の無駄というわけです。
反対意見を聞く耳を持たず、あなたの背中を押す人の言葉のみが、励みになることでしょう。
もし今、あなたの夢について、もう誰にも相談する気になれないのであれば、
あなたの夢は、いよいよ強固になったと言うことです。
あとは、あなた自身が、「決断」というスイッチを押すだけです。
あなたの心は既に決まってますので、勇気を出して、第一歩を踏み出してください!
タイトルとURLをコピーしました