クラウドファンディングのおすすめサイトを比較!タイプ別解説も

ビジネス

ビジネスを立ち上げたばかり、もしくは日の浅い経営者が最も頭を悩ませる問題は資金繰りです。

やりたいことがある。ビジョンもしっかりしている。でも、ビジネスを進めていくためには、やはり資金が必要ですよね。

そんな中で、ひとつの資金調達モデルとして確立されてきたのが「クラウドファンディング」です。

とはいえ、まだよく知られていないことも多いのが事実。今回は主なクラウドファンディングサイトを紹介していきます。

その前に、クラウドファンディングを知るうえでぜひ押さえていきたい4つのタイプを解説していきます。

スポンサーリンク

クラウドファンディングのタイプ

クラウドファンディングといっても、完全な寄付行為に相当するものから、投資案件と言えるようなものまで様々。今回は、4つのタイプをご紹介します。

寄付型

このタイプは、その名の通り寄付行為によるクラウドファンディングで、支援者には原則としてリターンはありません。

寄付型クラウドファンディングとは、あるプロジェクトに対して支援者がお金を寄付をする仕組みのクラウドファンディングで、リターンとして商品やサービスは基本的に発生しません。

プロジェクトによっては、お礼という形で手紙や写真などを受け取れることもありますが、商品やサービスのバックは基本的にはありませんので、支援したお金に対し何らかの見返りを得ることはない、という前提で関わらないといけません。

代表的な例としては災害支援です。被災者の生活支援など、公益性があり社会貢献につながるプロジェクトが寄付型に多く、支援者にはボランティア性が求められます。

購入型

このタイプのクラウドファンディングでは、支援者は返礼品としてモノやサービスがリターンされる、または権利という形での特典を受け取るなどの「見返り」が得られます。昨今話題のふるさと納税もこのタイプと考えられます。

購入型クラウドファンディングとは、あるプロジェクトに対して支援者(ファン)がお金を出資をする仕組みのクラウドファンディングで、出資を行うことにより利用者側(支援者側)は商品やグッズ、サービスを代わりに得ることができます。

ただ、「購入」というとおり、あくまでリターンの対象になるのは物品かサービスであり、「お金」が受け取れることは原則としてなく、投資とは異なるものです。

また、購入型のクラウドファンディングには募集目標金額が達成した場合のみプロジェクトが成立する「All or Nothing型」と目標金額に達しなくてもプロジェクトの成立が認められる「All In型」の2種類があります。

「All or Nothing型」は、目標金額を達成しない限り実行できない、一定額の資金が必須な事業(店舗やブランドの作成、商品開発など)に多く見られます。

「All In型」は、資金募集開始時点で、すでにプロジェクトが実現可能という前提で資金を募集するものや、リターンがあらかじめ準備されているものなどが対象となります。

投資(株式投資)型

このタイプでは、資金を提供した支援者が、プロジェクトで得られた利益から配当を受け取る形でリターンを受け取ります。

市場での株式の取引がクラウドファンディングという空間で行われるイメージです。とは、企業が未公開株を提供する代わりに資金を調達する仕組みになっています。

支援者はあたかも投資家のように、「出資」する企業の詳細な経営状況やプロジェクトについての情報を確認した上で支援を行い、未公開株を取得することができます。

融資型

このクラウドファンディングは、支援者が「利子」という形で一定のリターンを得る仕組みです。

資金を調達する企業は、資産運用したい個人(投資家)から小口の資金を集め、さらにそれを他の企業に融資するもので、「ソーシャルレンディング」という別名でも知られています。

融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)は個人から集めた資金を「融資」するという性質を持っているため、金銭的リターン(利回りの分配)を得ることができます。

これは投資商品の1つとみなされるため、当然法規制もあります。購入型や寄付型とは一線を画す仕組みと言えます。

おすすめクラウドファンディングサイト5選

それでは、数多く存在するクラウドファンディングサイトから、上位クラスに位置する5サイトをご紹介します。

CAMPFIRE

CAMPFIRE

支援者数1位の業界トップサイト。プロジェクト掲載数も国内最大です。クラウドファンディングのノウハウを学べる「CAMPFIRE ACADEMY 」、地域活性化を目指し、各地の公式パートナーが運営する「CAMPFIRE×LOCAL」、動画配信サービス「CAMPFIRE Fireball」などを提供しています。

Makuake(マクアケ)

Makuake(マクアケ)

サイバーエージェントグループのクラウドファンディングサイト。複数メディアを保有するサイバーエージェントを活用したPRができ、スマホ決済にも対応しています。目標額に到達するとプロジェクトが実施されるタイプと、目標達成しなくてもリターンがもらえるタイプがあります。

MotionGallery

MotionGallery

クリエイティブ系のプロジェクトが多数ひしめき合うサイトで、映画、ゲーム、アート、音楽、出版といったジャンルで支援ができます。「目標額達成の場合のみ資金調達が実施される」コンセプト・ファンディング式と、「目標額達成の可否に関わらず資金調達が実施される」プロダクション・ファンディング式の2つの方式があり、購入型に特化しています。

未来ショッピング(日本経済新聞)

未来ショッピング(日本経済新聞)

日本経済新聞社が運営。「NIKKEI STYLE」や「日経電子版」といった日経系のwebサービスからユーザーを誘導しており、ビジネスパーソンや、経済事情に詳しい支援者にアプローチが可能。また、約340万人の日経電子版会員データベースを活用でき、集客プランを立てやすい環境が整っています。

ENjiNE(エンジン)

ENjiNE(エンジン)

プロジェクトの賛同者と資金を事前に集めることができる、世界初のチケット購入型のクラウドファンディングサービス。LINEの公式パートナーでもあり、LINEユーザーへの告知やプロモーションが行えるのが強みです。

まとめ

いかがでしたか?今回は、クラウドファンディングのことをほとんど知らない人向けに、主要な4タイプと有名サイトをご紹介しました。

今後もクラウドファンディングの業界は拡大していくとみられます。資金集めの手段として、いつかあなたも挑戦することがあるかもしれませんね。

ぜひ有効に活用していただきたいと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました